FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業式の着付け 其の三 

大学の卒業式着付け2校目

準備と当日の様子です

式典会場



階段を上がった所が式典会場です


お仕度会場はこちら



お仕度会場



普段は披露宴会場でしょうか…

奥の扉の中からテーブルやパーティション・いすを運んで

受付・ヘアセット・着付け・写真のコーナーを作ります

その後、お衣裳のチェックです

会場の都合で18時からの準備となり

朝から動いている為…

奇妙なテンションです (「・ω・)「 ガオー



2校目準備完了



足元が絨毯なので

朝一にコロコロで掃除です


翌朝は8時40分集合

こちらは公営の施設なので朝は9時から

朝がゆっくりで身体はホッとしていますが

式典まで時間がなく気持ちは焦りまくりです

\(°□\)(/□°)/

お客様がいらっしゃる前に

前日の反省会を簡単に済ませ

失敗や反省を引きずらないよう

心新たに気持ちを入れ替えて着付けに向かいます


この日も、自分とは真逆の体型のお嬢様の担当が続きまして…

おかげでおっきなおっぱいの納め方のコツがつかめそうです

それと…

前日もそうでしたが


袴が長い長い


レンタルの予約時に身長を伺います

『身長で袴の丈が決まるので正確に記入をしてください』

とお願いしていますので、盛る方は少ないはず

(以前 多かったんです…(^_^;))

会社の設定が『長め』なのだと思います

(クレーム関係かもしれません)

それにしてもお客様の大半が長く

前紐を一折り(中には二折りも)しました

さすがに二折りすると袴の後が下がります

単純に帯を高くするだけでは

袴のシルエットが美しくありません

現場ではクリップを使って何とか納めましたが…

踏んだらアウトです…(T-T)

ずっと気になっていたら

後日有り難いことに

後袴を短く納めるアイディアが浮かびました

(あっという間に出来て、強く引いても問題無し!です)

研究し、次の袴までにまとめなければ (`o´)/

(スタッフさん達とこっそりお稽古です)


着付けはほぼほぼ順調でしたが

連日の着付けで疲れが出たスタッフも多く

お待たせしたお客様もいらっしゃいました

お客様をお待たせするのを恐れた誘導係が

着付け室に次々に誘導し多少の混乱がありました

『イレギュラー(又は苦手)な着付けで

時間が掛かりそうな場合はすぐに声をかけて欲しい』


とお願いをしていたのですが

あまり声をかけてもらえませんでした

私では頼りないのでしょう


…反省です



着付けが無事に済みお昼休憩です

若手さん達から交代でお昼に行きます



お昼休憩お留守番組



着付けをバリバリしたベテランさんの方が疲れているはずですが

慣れない現場で右往左往していた若手さんの方が疲れていると思うので

ですが…

私達も休みたいので

箱と荷物の整理は手を付けません(ちっちゃな抵抗)


卒業生は式典後謝恩会々場に移動するため

一気にお戻り → ドレスにお着替えです

脱がせるだけ脱がせ


たたむ たたむ たたむ…


お借りしたテーブルやパーティション・いすを

奥の部屋にお返しして

やっとお仕事完了です



終了



お疲れさん



この二人(千絵ちゃん・有美ちゃん)は

大学着付けに欠かせません

朝はお客様の誘導・案内をこなし

後半は、戻られたお客様のお荷物を一瞬で探します

アイウエオ順に並べてからでも探しにくいというのに

まだアトランダムに(適当)に置いてある状況でも

『あの辺に置いた!』

と名前を確認することなく言い当てます

(超能力…??)

本当に心強く有り難い二人です☆

これからも頼りにしています


スタッフさん達には

袴の着付けでも『感想文』と言う名の反省文を

提出していただきました

担当した仕事を振り返ることで自身の課題を明確にして

更に こちらでも把握することで

何かのおりおりに復習し

次の袴着付けまでに克服していただきます

感想文の長さは技術力の向上に比例している

そんな気がします


最後まで読んでくださってありがとうございます

『にほんブログ村ランキング(着付け部門)・(舞踊部門)』に参加しています

『着付け』の部分↓を、ポチッとして頂けると一票投票されます

よろしければ応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村

この記事へのコメント

Re:卒業式の着付け 其の三

「感想文の長さは技術力の向上に比例している」
確かに、いろいろ気づくことがあるということは、違いがわかっているからこそですものね。
でも、私だったら「疲れた(^_^;)」の一言かも…(^_^;)
すみませんm(__)m
  • [2016/04/06 21:02]
  • URL |
  • みーちゃん
  • [ 編集 ]
  • TOP↑

みんなが一緒なので頑張れます

みーちゃんさん、いつもありがとうございます

ホント疲れちゃいますよね
大人数の現場は結構な覚悟がいります
役割分担がしっかりあってチームワークが大切で
スポーツみたいです
やり遂げた達成感がご褒美です(*^^*)

是非またご意見聞かせてくださいね

Re:卒業式の着付け 其の三

記事を読んでいると、懐かしく思い出します。

嶋岡先生と谷先生、スタッフさん2名は1件だけ大学の袴の着付に行っています。

でも私は・・もう無理

きっとパニックってしまいそうです。

お見立て会から始まって、前日準備に当日のお支度

MIKIさんほど役割分担出来ていなかったかと(^-^;

会社によってやり方が違うので
先生方やスタッフさんもその練習をされていました。
来年も頑張るそうです。

後袴を素早く短く納めるアイデア気になりますわ。

頑張りました

うまっちさん、いつもありがとうございます(*^_^*)

うまっち組も大学の袴の着付けにご参加なんですね
うまっちさんほどの方です
パニックなんて…大丈夫ですよ
確かにすることが多いし
こちらの都合なんて通らないし
若い営業のお兄ちゃんにアレコレ指示されて振り回されて
…(-_-)
ストレスは溜まりますけど…
ですが、親御さんと離れて暮らすお嬢様も多く
お見立て会でも卒業式当日も親目線でいさせて頂いて
毎年充実感でいっぱいです(//▽//)
会社の指示通りの着付けは、普段の着付けと違うので戸惑います
でも『こんな考え方もあるんだなあ?』
と勉強になりますよね
うまっち組のお二人には是非是非頑張ってほしいです
お二人のスタッフさんと情報交換出来たら楽しいでしょうね
着付けは、毎年いろんな工夫を提案していますが
不手際が無いようしっかり研究します
ただ…今一つ納得がいかない点があるんです…

是非またご意見聞かせてくださいね(*^_^*)

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。