FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気合いの入ったお稽古 

水曜日と土曜日をメインにお稽古をしています
今年は8月のお稽古は私がほぼ不在となる為

6月7月で仕上げるべく

スタッフさん達が頑張ってくれています

(まだエンジンがかかっていないスタッフも若干…(^^;))

そんな中…初参加で気合いタップリさん

はい、あの若い子ちゃんです

どんなことも楽しそうにチャレンジしています


阿波踊りは手をかなり上げて踊る

脇の部分を胸紐の上に引き出し緩みをもたせます

闇雲に引き出すと着崩れて見えるので

ポイントをきちんと抑えて、必要な分のみ

手を下ろしても美しく見えるのが理想です

(脇の下もしっかり隠します(//▽//))

着物・長襦袢・肌襦袢と丁寧に引き出しますが

お稽古と違い、阿波踊り当日は8月の暑い盛り

肌襦袢は汗で滑りづらくなります

力を込めて肌襦袢を引っ張り

『ピッ』  ( ̄□ ̄;)!!

という嫌~な音がする事もしばしば… (>_<)

肌襦袢だけは早めに引き出すことにしています

『早めに出しちゃってね』と私

『はいっ! 着せる前 にですか?』と若い子

 (`ー´ゞ-☆

『おお~それは早い!…え?

(゜o゜)\(-_-)

是非着せてからにお願いします

今年は楽しいお稽古になりそうです


最後まで読んでくださってありがとうございます

『にほんブログ村ランキング(着付け部門)・(舞踊部門)』に参加しています

『着付け』の部分↓を、ポチッとして頂けると一票投票されます

よろしければ応援していただけると嬉しいです

にほんブログ村 ファッションブログ 着物着付けへ

にほんブログ村



この記事へのコメント

Re:気合いの入ったお稽古

うけていま~す(=^・^=)

ナイス!です!!
若い子ちゃんとMIKIさんのコント

間違えました(;´・ω・)
お稽古でしたよね(笑)

Re:気合いの入ったお稽古

手を上げるのであれば、脇を抜くのは大事ですね。肌襦袢、半襦袢、きものとそれぞれ紐をした後に(肌襦袢は補整の後)しっかりと脇を抜きます。
抜きすぎると、やはり崩れて見えるので塩梅が難しいですよね。
  • [2015/06/19 17:09]
  • URL |
  • みーちゃん
  • [ 編集 ]
  • TOP↑

私も技を磨きます(`◇´)ゞ

ねねさん、いつもありがとうございます

皆さん気合い入ってますが、若い子ちゃんが一番楽しそうです

いつもの事ながら、この若い子ちゃんには学ぶことばかりです

見て学ぶ子なので、着付けでも踊りでも手を抜けません…

ということで、ねねさんのご指摘通り、私もこれから益々『突っ込み』の技を研かなければっっ!!

(゜o゜)\(-_-)

是非またご意見聞かせてくださいね♪ (*'-^*)

ご心配ありがとうございます(*^^*)

みーちゃんさん、いつもありがとうございます

そーなんです
踊り手さん達は、かなり上げたがります
実際踊っているのを観ると、若干ひじが曲がっていますが、着付け時『どこまで上げますか?』と伺うと、ほとんどの方がまっすぐ腕を伸ばして真上まで…
(うそだぁ~)
とも思いますが、ご希望通りにしています
先輩達の時代から、30年近く阿波おどりの着付けに関わっていますので、先輩達がバッチリ研究してくださいました!
(バッチリ!って古いですかね…)

是非またご意見聞かせてくださいね☆

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。